修理が必要?箇所別で対処が違う給湯器の水漏れ

どこの家庭にも必ずあるのに普段あまり意識されない給湯器ですが、いざ壊れるとシャワーやお風呂に入れず困ります。生活において重要な役割を果たしている給湯器に起きる問題を解決する方法を考えましょう。

■給湯器 水漏れはどこから

ガスの給湯器から水が漏れていると故障だろうと思い込みがちですが、実はそうとも言い切れません。あまり知られていないことですが、元々ガス給湯器は本体の故障を防ぐために一時的に自動で水抜きする機能が付いています。そのため修理が必要なのかどうか見分けるためにはどこで水漏れが発生しているのか、どのくらいの量が漏れているのかを調べる必要があります。ここでポイントなのはガス給湯器を止めることです。もし水漏れしている箇所がガス給湯器内部だった場合、ガスが不完全燃焼を起こして大変危険な状態になる可能性があるからです。給湯器の止め方はパネル操作のタイプが多いので簡単に電源を切ることができます。

■修理が不要の水漏れとは

水漏れが起きている時は落ちてきている水滴をヒントに発生場所を探します。よくある水漏れ箇所の中で水抜き栓があります。水抜き栓から漏れていた場合は故障ではありませんので、そのままパネル操作で運転を再開してください。しばらくして水漏れが解消された場合一時的なもののため修理は必要ありません。また水漏れが解消されなかった場合、ガス給湯器の内部でトラブルが発生している可能性があります。そのまま放置せずに業者に連絡をしましょう。

■まとめ
普段なかなか意識することのないガスの給湯器から水が漏れていると一体何事かと慌ててしまい、すぐ業者に連絡をしてしまうことが多いです。しかし、自分でチェックすることで無駄なお金や時間をかけずに安全を確認することができます。購入したばかり、または10年以上使っている場合など家庭によって様々ですが、新しいからといって故障ではないとも限りません。正しい知識を持って判断する事がポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ