水漏れ簡単修理!蛇口のセルフ交換

蛇口 交換と聞くと大掛かりな工事が必要だと考えがちですが、意外と自分でできる事もあると知っているでしょうか。簡単な交換のテクニックを知って、無駄なお金を使わずに家の水漏れを修理しましょう。

■使われている蛇口のタイプ

突然起きる水漏れは思わずびっくりしてしまい、すぐに業者を呼んでしまう人も多いものです。しかし、家庭で使われている蛇口は意外と簡単に修理することができます。
家庭で使われている蛇口は大きく分けてシングルレバー混合水栓とハンドル混合水栓があります。最新の建物でよく見るタイプであるシングルレバータイプはその名の通り、一つのレバーを上下左右に動かすだけで水量を調節したり温度を変えたりすることができます。
ハンドルタイプは昔からあるタイプで、冷水と温水の二種類のハンドルが付いているものです。

■簡単にできる蛇口の修理ポイント

シングルレバータイプに比べてハンドルタイプの方が簡単で修理しやすいと言われています。どちらのタイプも作業の前に止水栓を閉めて水が出ないようにすることがポイントです。
次に配管部分の撤去をし、固定ナットを外すと蛇口は簡単に取れてしまいます。新しい蛇口を付ける際に穴のサイズを確認しておくと新品の購入をスムーズすることができます。また新しい蛇口を付けるときは先ほど取り外した工程とは逆の工程をこなすだけです。
最後にホースを新しく取り換えれば準備は万端です。普段通りに水とお湯が出るのかをチェックしましょう。

■まとめ
レンチやマイナスドライバーなど必要な器具を前もって揃えておくと、時間がかからず安価に修理をすることができます。水漏れの時に一番大切なのはどこから水が出てきているのかを確認することと、焦らずにその時できる行動を一つ一つおさえていくことです。止水栓を閉めたり、どうしても自分ではできない時のために業者の電話番号を控えておいたりするなど、日頃から使っている家のことに関心を持つようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ